2018年6月11日

スポーツプログラムの指導内容(取り組み)について

 

今日はチャレンジワールド のスポーツプログラムの指導内容(取り組み)についてご案内をさせていただきます。

皆さまにはチャレンジワールド のメルマガでご案内をさせていただいていますが

私は小学生の頃 走ることでヒーローに

なりたくて・・・・とお伝えしているとおり

走ることが得意で大好きでした

とにかく、たくさん走れば、もっと走るのが速くなるだろう

と考えて取り組んでいたことを今でも思い出します。

ただ、何のスポーツでも

もちろん勉強でも

大人になったら仕事でも

自己流でやみくもにやると

やればやるほどダメになる事がある

今考えれば当たり前なんですが

夢中になっている時は結構

それが分からないんですよね!!

周りにも正しい取り組みを指導をしてくれる人が

いない事も多いと思いますし

だから、子どもの頃の自分に会えたら

伝えたいんですけど

やるからには

正しい取り組みをしてほしい!!

どんなに努力をしても

自分の思いつきで練習をすればするほど

記録が伸びなくて(上達しなくて)やめてしまう

下手になっていく

怪我をしてしまう

そんな練習や取り組みがたくさんあります

(それでも上達してしまうのが天才なんですが)

努力が実って 成功体験を積み重ねる事は

子ども時代にとても大切な事で

この成功体験がある人は

大人になっても

正しい努力ができるようになるんですよね

チャレンジワールドのスポーツ指導では

指導者が正しい取り組みを子ども達に伝えていきます

例えば 中村真衣さんの

スイムキャンプの練習では

水中のキックの音を聞いてキックの練習をする

練習方法があります

そして

真衣さんの模範スイムを見せてもらうと

泳ぎは静かなのに

進む進む 早い早い!!

みんなびっくりするんですよね

こんな練習やった事がないし

キックはがむしゃらに

やるもんだと思っていますから・・・・

でも スイミングで記録を伸ばすには

とても大切な事です

また、ある程度上達してきて

記録が伸び悩んでいいる場合は

このキックが原因の事が多いです

水中のキックの音に意識を集中してキックの練習をする

(決してバシャバシャのキックではないんです)

そんな正しい取り組みをして

子ども達の努力が無駄にならない事を

してほしいと思います。

スイミングの一例ですが

バレーボールでも 野球でも サッカーでも

子ども達に正しい取り組みをしてほしい

チャレンジワールド のスポーツ指導は

とことんチャレンジしてきた指導者だからこそ

伝えられる正しい取り組みをお伝えしております

子どもの頃のスポーツの上達には

いい指導者につく事は本当に大切です

正しい取り組みをして

そして

その上で夢中になって楽しんでほしい

(やはり上達する事は楽しいですから)

そんな思いで 私たちは

スポーツプログラムの練習の取り組みを行っております

チャレンジワールドメールマガジン

メルマガ登録はこちら