(受付終了)夏休みスペースキャンプ(スペースアカデミー会員限定)

2017/8/16〜8/22 開催 民間宇宙飛行士

ゼロから1を生み出す 宇宙船開発の最前線にふれる体験!!

「世界最先端の宇宙船開発現場の視察」と「宇宙飛行士・宇宙船開発エンジニアとの交流」ができるスペシャルプログラム

ワールドビュー社12351416_10204070714246721_1713263552_o

@World View Enterprises

「最新の宇宙船」や「開発中のロケット」に興味をお持ちのお子様に特にオススメのプログラムです

こんなお子様におすすめ
・世界最先端の宇宙船開発現場を見てみたい
・宇宙船開発エンジニアからお話しを聞いてみたい
・宇宙飛行士からお話しを聞いてみたい
・開発中の宇宙船発射場を見学してみたい
・夏休みの自由研究に誰もやっていない課題に取り組んでみたい
・夢中になるものを見つけてみたい
・ゼロから1を生み出す現場をみてみたい

 

 

山崎大地アカデミー長が監修するプログラムならではのスペシャル企画が満載!!

(当プログラムはチャレンジワールド スペースアカデミー会員限定のプログラムとなります)

こんにちは 民間宇宙飛行士の山崎大地です。
世界では間もなく誰でも宇宙旅行に行ける時代が始まろうとしています。僕も3種類の宇宙船に乗ることになっており、早ければ来年4回宇宙に行くことになっています。
僕は小学生の頃、星が大好きで、いつも星座の観察をしていました。天体望遠鏡も自分で作り、その手作り望遠鏡で土星を見たときの感動は今でも忘れられません。また、12歳のときアメリカのワシントンDCにあるスミソニアン航空宇宙博物館でNASAのアポロ宇宙船やスペースシャトルを見たときの感動も同じく自分の中に大きく影響しています。その後大学で航空宇宙工学の勉強をして、JAXAやNASAの宇宙センターで国際宇宙ステーションを開発する仕事に就きました。
子供の頃に海外に行き、実際に本物の宇宙船を見たり、自分の手で何かを作ってみた経験が、大人になった今でも大きな自信になっています。ぜひ今の子供達にもそういう経験をたくさんさせてあげられたらと思っています。

12359588_10204070716526778_150268493_o

 

(ワールドビューエンタープライズ社)
ワールドビューエンタープライズ社で開発している宇宙船は、気球で成層圏まで旅行をする事ができます。この宇宙船は特別に作られたカプセルに搭乗して宇宙に行くので、宇宙服や酸素マスクなしで宇宙と宇宙から見た地球の姿を見る事ができるんです。山崎アカデミー長はこの宇宙船に2回乗ることになっており、その関係で世界最先端の宇宙船開発現場を特別に視察させてもらえます。

@World View Enterprises

17859122_10207045120845027_1796997306_o

(宇宙飛行士や宇宙船開発のエンジニアとの交流)
山崎アカデミー長の個人的なつながりがある、スペースシャトルの元パイロット(宇宙飛行士)や宇宙船開発会社の現役エンジニアとの交流を予定しております。宇宙船のテストフライトなどのスケジュールにより交流できる人が変わってきますので、誰と交流するかは出発前にご参加される皆さんにご案内をいたします。

13016835_10204801801843454_912106105_o.png

(スペースX社工場外観見学)*工場の中に入ることはできません
国際宇宙ステーションに荷物を運んだりするロケット(ファルコン)と宇宙船(ドラゴン)を作っている会社です。数年後には宇宙飛行士や一般人もこの宇宙船に乗って宇宙に飛び立てるようになる予定です。この宇宙船がすごいのは、ロケットを毎回使い捨てるのではなく、回収して再利用しようとしているところ。そうなるとロケットを打ち上げる値段が安くなり、もっと気軽に宇宙に行けるようになるそうです。また、2022年には火星に人が行けるよう計画をしています。そんなロケットを作っているスペースXの工場がアメリカのロサンゼルスにあります。外観だけとなりますが見学をします。

@SPACE X

スペースx13084080_10204852478710344_1530629156_n
スペースx13120884_10204852485510514_2025227176_o

(成層圏まで気球を飛ばしてみよう)
ワールドビューエンタープライズ社で開発している宇宙船のように、ミニ気球を成層圏まで飛ばす実験にチャレンジしよう!!
そして、ただ飛ばすだけでなく、カメラを搭載し自分達で飛ばした気球で宇宙から見た地球の撮影も行います。そして降りてくる気球をGPSを元に探索にもでかけるよ!!

気球13045652_10204801921166437_2142296043_n

(スペースシャトルの見学)
ロサンゼルスにあるカリフォルニアサイエンスセンターでスペースシャトルの見学をします!!
25回のミッションを行い、2011年に現役運用を終えたスペースシャトルエンデバーは大迫力!!宇宙をテーマにした映像が見られるI MAXシアターで3Dやアポロ計画で実際に使われた大気圏突入カプセルや宇宙服、火星探査機バイキングなども展示されている。

スペースシャトル17858043_10207045131285288_1242538515_n
アポロ13014932_10204801852124711_874724413_n-2

(バイオスフィア2)
アリゾナ州オラクルに建設された、巨大な密閉空間の中の人工生態系を研究するための施設で、将来人類が宇宙空間に移住する際、閉鎖された生態系で生存する事ができるかを検証するための実験施設です。ワールドビューエンタープライズ社の創業者は、このバイオスフィア2で2年間生活をしていました。

バイオススフィア16931235_10206747840573206_1861148833_o

(部分日食の観察)
アメリカ滞在の最終日はアメリカで日食が観察できます。滞在するロサンゼルスでは部分日食となりますが、日食の観察をみんなで行います。(天候により観察ができない場合がございます)

 

実際に宇宙に行った宇宙船(アポロ計画)からスペースシャトル そしてこれから宇宙に行く「近未来の宇宙船開発」まで全て学習ができる!!

 

自由研究にも最適なプログラム

13020224_10204801897605848_2103995149_n

スケジュール
1日目 8月16日(水)
午後 羽田空港集合 夕刻 航空機にて空路ロサンゼルスへ (日付変更線通過) 約10時間
午前 ロサンゼルス空港到着                                                        午後 スペースX社見学(中には入れません)                                                宇宙船開発エンジニアとの交流                                                      (ロサンゼルス泊)

2日目 8月17日(木)
終日 気球を宇宙にとばしてみよう(実験体験)
(ロサンゼルス泊)

3日目 8月18日(金)
朝  空路、アリゾナ州ツーソンへ(約1時間30分)                                            午前 ツーソン到着
午後 ワールドビューエンタープライズ社視察
午後 宇宙飛行士との交流                                                        (ツーソン泊)

4日目 8月19日(土)
終日 バイオスフィア2見学
夕刻 空路、ロサンゼルスへ                                                      夜  ロサンゼルス到着                                                         (ロサンゼルス泊)

5日目 8月20日(日)
午前 カリフォルニアサイエンスセンター見学                                                午後 ユニバーサルスタジオ観光
(ロサンゼルス泊)

6日目 8月21日(月)
午前 空路、羽田空港へ(約11時間30分)                                                (機内泊)

7日目 8月22日(火)
夕刻 羽田空港到着

プログラム訪問地はアポイント(約束)によって入れ替わる事がございますので、予めご了承願います。現地の事情により交通機関の発着時刻・訪問・見学場所などが変更される場合もございます。訪問見学場所が変更となった場合は事前に皆さまにご連絡をいたします。また、エンジニアや宇宙飛行士の交流につきましてはテストフライト等の状況により変わってくるため、現段階では確定できておりません。出発前のご案内となります。

(旅行条件)

旅行日程  2017年8月16日(水)~8月22日(火) 5泊7日
活動場所 アメリカ合衆国 ロサンゼルス アリゾナ州ツーソン
旅行代金 548,000円(空港税 燃油サーチャージが別途必要となります)
募集人員 25名様(最少催行人数 10名様)
宿泊施設 ロサンゼルス:シェラトンゲートウエイホテル(男女別2〜3名1室)
ツーソン:ダブルツリーヒルトンエアポート(男女別2〜3名1室)
利用予定航空会社(国際線) 日本航空 全日空 デルタ航空
アメリカ国内線は サウスウエスト航空、デルタ航空 アメリカン航空のいずれか
集合地・時間  成田空港 14時〜15時(予定)
解散地・時間  成田空港 18時〜19時(予定)
食事 朝5回 昼6回 夕5回(機内食を除く)
添乗員 同行責任者としてチャレンジワールド代表の齋藤が成田空港より同行いたします
募集締め切り日 2017年7月8日(土)

参加対象 小学5年生〜高校1年生の男女児童・生徒
(親子でのご参加も可能です)*なお親子参加の場合は小学3年生からご参加をいただけます

ご旅行出発前にESTA登録(電子渡航認証システム)が必要となります。ESTAはお客様ご自身でお取りいただきます。(14ドル別途必要となります)
渡航条件 : パスポート有効残存期限 入国時6ヶ月以上必要(日本国籍の場合)
ESTA登録必要 アメリカは出発前にESTA登録が必要です。
日本国内空港施設使用料及び空港保安料 成田国際空港(12歳未満1,570円 12歳以上2,610円)、燃油サーチャージ14,000円、現地空港諸税 約7,600円が別途必要となります。燃油サーチャージ、現地空港諸税は出発1ヶ月前に確定しますので、請求書にてご案内いたします。

(必ずお読みください)
このプログラムはチャレンジワールド スペースアカデミー会員限定のツアーとなります(受注型企画旅行契約)
パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)につきましてはお客様ご自身でご確認をいただきます。有効期限の不足および査証の不備がございますとアメリカに入国ができませんので予めご了承願います。 お客様ご自身がご確認されない場合は、当社としては責任を負いかねますので予めご了承願います。
なお、今回のご旅行には日本国籍の方は査証(VISA)は必要ございません。ただし日本国籍以外の方の場合は査証(VISA)が必要な場合がございますので、ご自身でアメリカ大使館のホームページなどでご確認をお願いします。なお査証の手続きはお客様ご自身でアメリカ大使館で手続きを行っていただきますので予めご了承願います。

旅行代金に含まれるもの
スケジュールに記載した航空運賃、ホテル宿泊費、見学・プログラム費用、食事代

旅行代金に含まれないもの
成田空港までの国内交通費、任意の海外旅行傷害保険、パスポート取得費用、ESTA登録費用、日本国内空港税、燃油サーチャージ、海外空港諸税、査証取得費用(必要な方)

プログラム監修・同行指導
山崎大地(やまざき たいち)さん プロフィール
小学生のとき、手作りの天体望遠鏡やスペースシャトルのプラモデルを作り、宇宙船や宇宙に興味を持つ。東海大学工学部航空宇宙学科に入学し航空宇宙工学を学び、卒業後はNASAとJAXAで運用管制官として国際宇宙ステーションの建設と開発に携わる。現在は民間宇宙飛行士として活躍する。早ければ2018年に4回の宇宙飛行を行う予定です

山崎大地氏は成田空港集合時から最終日のロサンゼルス空港まで同行をいたします(予定により現地での合流の場合もございます。その際は事前にお伝えします)

チャレンジワールド スペースアカデミー

スペースアカデミー会員になると毎月1回オンラインプログラムを無料で受講ができます

今後の放送予定

6月14日(水) 19時〜

7月 5日(水) 19時〜

 

スペースアカデミー会員の資料をご希望のお客様は下記より登録ください

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSatrzo

チャレンジワールドメールマガジン

メルマガ登録はこちら