バレーボール

夏休みバレーボールキャンプ 8月17日の活動の様子

夏休みバレーボールキャンプ 2日目

朝 7時 みんな元気に起床

7時30分から 朝食

バレーボールプログラムの準備をして

8時45分 体育館に向けて出発

9時から午前のバレーボールプログラムをスタート

最初に加奈コーチから

今回のキャンプのテーマを再確認

漫然とただ練習をするのではなく

クレバーに練習に取り組む事の

意識づけを行い

練習をスタート

まずは ウォーミングアップ

日本代表の選手も取り入れている

動的なストレッチを含め

アップに取り組みます

なぜ このアップを行うのか

体のどの部位を意識するのか

意識的に行う動きを

加奈コーチ自らデモを行い 

クレバーにアップを取り組みます。

続いて スパイクの練習

軍手を使ってキャッチボール

そして バレーボールを使ってキャッチボール

腕でなく 体幹の回転を使った

スパイクの体の使い方を学びます

2人1組で

ディグ(スパイクレシーブ)の練習

レシーブする時に意識する事

スパイクの手に意識を集中する

スパイクを打つ相手を

全体として意識するのではなく

スパイクを打つ相手の

手の1点を意識する事

そして 頭にタオルを乗せて

目線を変えずに

レシーブをする

練習にも取り組みます

意識的に動きを捉えていき

今回のテーマである

クレバーに練習を取り組みます

何のためにこの動きを行うのか

なにを意識して動きを行うのか

無駄な動きがなくなり

意識を持って練習を取り組むので

とにかく みんなの集中力が高いです

そして ペッパーに取り組み

次に オーバーパスの練習

手首 肘のバネを使えるように

親指の向きを気をつける事

自分からボールを取りに行かない事など

意識して行う事を

加奈コーチ ミキティのデモを

交えて 教えてもらいました

下半身のバネを使って

下から伝わってくる力を使って

オーバーパスをする練習

そして ヘディングで

ボールをレシーブする練習に取り組み

目線を意識する事を学びました

上目使いで ボールを捉え

けっして あごを上げない事

あごを上げてしまうと

下(フロア)への意識がなくなり

そして お腹(体感)に力が入らない事を

学びました

次に

手首 肘のバネを使う

下から伝わる力を使う

親指の向き

ボールを取りに行かない

上目づかいでボールを捉える(見る)

今まで教えてもらった

意識すべき事を統合化して

オーバーパスの練習に取り組みます

続いて 3人1組で行うペッパー

2人で行うペッパーよりも

より動きが複雑になるので

頭を使う事(クレバーに)

そして 声をかけていく事を

学んでいきます

そして 試合形式の練習

続いて ブロックの練習

ブロックはシャットするよりも

ブロックをする事によって

コースを絞れるようになる

そして

ボールをワンタッチする

役割の大切さを学びました

最後に ブロックについての学習もしました

セッターの動きを見てから動くリードブロック

スパイカーに合わせて跳ぶ コミットブロック

中央で3人束になるバンチブロック

3人が広がって構えるスプレッド

バンチブロックから1枚解放する リリース

中央(バンチブロック)から

サイドへ移動しブロックするデディケート

自分勝手な ゲスブロック

についても学習しました

午前のプログラム終了後

ホテルに戻り昼食

昼食は親子丼

美味しかったです

昼食後、協賛をいただいている

アシックスジャパン様の

キャンプオリジナルの

Tシャツを一人1枚プレゼント
(サイン付き)

そして 昼寝タイム

13時40分に 体育館へ移動

お揃いのTシャツで記念撮影

6人1組になって

視野と状況判断の能力を高める

ドリルに取り組み

次に ドリルの応用

バガーゲームに取り組み

視野の状況判断の能力を高め

キャンプのテーマである

クレバーを意識して

練習に取り組みます

そして 軍手を使ってキャッチボール

足と体の回転を使って

アタックの時の体の使い方を学びます

続いて 軍手を上からつかむ練習

アーチェリーのように引いて取る事を意識する事

肘をあげる時に肩を痛めないために注意する事

も教えてもらいました

次にボールを使ったスパイクの練習

左肘にボールを合わせて

腰の回転を使って

スパイクを打ちます

決して 腕で打とうとしない事

体を早く開かないように

左肘をボールに合わせて打つ事

を学習しました

そして スパイクを

ネットの上に打つ練習

ネットの下に打つ練習

バウンドしてからネットを越えて打つ練習

3種類の打ち方でスパイクの練習に取り組ます

打つポイントの違い

トスの違いを感じながら

取り組みます

手に力を入れていては

力強いスパイクが打てない

手首の力を抜いて

腕をムチのようにしならせて打つと

力強いスパイクが打てる事を

教えてもらいました

最後はサーブの練習に取り組ました

右利きの人は

ライン上に右膝立ちをして

体軸がブレないようにお腹に力を入れて

顔の眉の鼻のTゾーンをまっすぐにして

ライン上にまっすぐ軍手を投げる練習

ボールを使った練習

次に 目隠しをして

手により意識を集中できるようにして

安定したサーブを打つために必要な

いつも同じトスが上げられるように

していきます

そして 加奈コーチから

サーブの練習をする時は

漫然と数をこなす練習でなく

実際の試合のように取り組む大切さを

教えてもらいました

さらに 

点数

相手チーム

と、より具体的なイメージをする事の

大切さも教えてもらいました

16時40分に 小学生グループは

クールダウンを行い

ホテルへ向かいました

中学生グループは居残りで

技術練習に取り組みました

練習終了後はホテルに戻り

源泉かけ流しの温泉で

疲れた体を癒し

待ちに待った夕食タイム

今日の夕食も

美味しかったです

そして お土産タイム

夏祭りで福引

福引で 特賞が当たった参加者も!!

米所 新潟のお米10kg当たりました

東京駅まで 責任をもって

こちらでお持ちいたしますが

東京駅からは 

すいません 保護者の方に

バトンタッチします!!(笑)

そして 射的に輪投げ

盛り上がりました!!

お祭りからホテルに戻り

21時30分に就寝

みんな元気に活動をしております

チャレンジワールドメールマガジン

メルマガ登録はこちら