バレーボール

サーブの練習のときに、ミキティに褒めてもらって、すごく嬉しかったです。

 先日は、春休みバレーボールキャンプで娘が大変お世話になり、ありがとうございました。

 娘は、四月から6年生になるのですが、バレー部でもキャプテンをまかされることになり新チームで3月から練習を開始しています。親の私も現在バレーをしており、娘の練習の指導もお手伝いをしているのですが、外からみていると、もう少し練習に対しての気持ち、向上心、というのをもっともってやってもらいたい・・・と日々の練習を見ていて感じていました。そんなときに、今回のバレーボールキャンプがあるということを知り、技術的なこともそうなのですが、はじめて顔を合わすメンバーと
一緒に一泊二日でバレーをしたり、寝食共にすることで、技術以外のことでなにかしら得てきてもらいたい!との思いで、娘の参加意思を確認し、親も参加させるということに決めました。

 楽しみー!と、出発するときから、不安な顔は見せずにいっていた娘ですが、やはり一人での参加は緊張もあるし、少し人見知りがある娘なので、おともだちできるかな~?たのしんでくるといいね。と主人と話していました。オンラインアルバムやレポートのページで、娘の写真をみることができ、行きのバスやお昼ごはん食べてる写真はまだ緊張が伺えたりもしましたが、次第に娘の写真の表情もいつもの笑顔があったり、だんだん楽しんでるなー!というのがわかりました。

 あっという間に二日間が終わり、いつもとはちがう練習メニューを、いつもとはちがうメンバーでやったことで、娘はどう感じたかな~?と帰ってきてから感想を聞くのが楽しみでした。

 そして、娘の感想文は以下のようでした。

 このバレーボールキャンプにはじめて参加で、知っている子がいなくてすごく緊張したけれど、みんなの共通点が『バレーが好き』『強くなりたい』『楽しみたい』
ということで、1日目のれんしゅうで、仲良くなれて、とても安心しました。
練習では、わたしが知りたかったことをすべて加奈コーチやミキティが教えてくれて、帰ってからも、この練習を取り入れたいなー!と思うものがたくさんありました。

 サーブの練習のときに、ミキティに褒めてもらって、すごく嬉しかったです。加奈コーチが細かくわかりやすくみんなに教えてくれて、それをミキティが実際にやってくれて、すごくわかりやすかったです。普段と違う練習で、難しかったけど、ペアでやったり楽しく練習することができました。練習が終わったら、しぶちゃんがクールダウンの仕方を教えてくれて、バレーをやる前にもケガ防止でやってもいいといっていたので、できれば毎回やりたいなと思いました。

 はじめて、知らない子達とこのキャンプに参加したけれど、バレーが上手になるコツもわかり、楽しくバレーができて、とてもよい経験になりました。夏のキャンプもいきたいです!!

 帰りの電車では、寂しくなって少し泣いていたようです。
 それだけ充実していたんだんなぁ、と思います。

 二日間、キャンプに携わっていただいた加奈コーチ、ミキティコーチをはじめチャレンジワールドのみなさまに感謝申し上げます。

(2019年春休みバレーボールキャンプ 参加者の保護者)

チャレンジワールドメールマガジン

メルマガ登録はこちら