2019年5月27日

チャレンジワールド の冒険教育プログラムの目的

_MG_0316

チャレンジワールド の冒険教育プログラムは、冒険活動をとおして、子ども達に、自分達の頭で考え、行動できる力「自分で判断できる力」を身につける事を主目的としております。
そして、大人になっても思い出すようなとっておきの感動体験を通して、カッコいい大人に成長してほしい、そんな思いから冒険教育プログラムの運営を行なっております。
チャレンジワールド では創業当初から、「誰もがヒーローになれる場所」をコンセプトに事業を行なっております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私たちが考える「ヒーロー」とは、他人に勝つ事でなく、今の自分を越えようとする事。それが私たちが考える「ヒーロー」になる事です。そして、カッコいい大人*に成長し

*ちなみにチャレンジワールドで考えるカッコいい大人とは

①失敗しても立ち上がってチャレンジできる人

②「自分で判断できる」力を持っている人

③他人に対して思いやりの心があり人

社会で生きる力(軸)を持った人に成長してほしい そんな思いから事業を行なっております。

 

特に冒険教育プログラムでは②「自分で判断できる」力を身につける事を一番の目的(ねらい)にしております

2014夏休み野外防水カメラ 006

社会にでると、学校生活と違い答え(正解)のない世界で、自分の頭で考え、社会生活を送っていく必要があります。その正解のない世界では「自分で判断できる力(軸)」が行動の拠り所となります。

冒険教育プログラムでは、居心地のよい日常生活を離れ、状況によって答えが変わってくるアウトドアの環境の中で、自分の頭で考え、仲間と協力し、自分で判断を行い行動をする必要があります。そしてこれらの体験をとおして、「自分の軸」をもって、ぶれずに生きていくことができる力を、子ども達に育んでいただけたらと思います。

DSC_7399

チャレンジワールドメールマガジン

メルマガ登録はこちら