サイエンス

夏休みスペースキャンプ2日目 気球を成層圏まで飛ばしてみよう!!

アメリカスペースキャンプ 2日目

今日は手作り気球を成層圏まで打ち上げ

その気球から地球の姿を撮影し

 

 

地上に降りて来る気球を探索にでかけるプログラム

今日も また一歩宇宙に近づきます

 

5時起床

6時朝食

 

 

7時出発

最新のバルーンの飛行ルート予測で、

当初の予定より20km東の場所に移動し

気球を打ち上げる事に

 

まずは今回の気球打ち上げのサポート団体の

皆さんとご挨拶

 

 

そして 「スペースバルーン」のレクチャーを

バルーン(手作り気球)は約40km上空まで上がっていく事

気球にカメラとビデオを設置し撮影を行う事

そして 上空まで達した気球が地上に降りてくるところを

探索する方法を教えてもらいました

 

 

昨日の1日で活動で

英語でのコミュニケーションも積極的に取る姿も!!

 

さて、降りてきたバルーンは

気球に取り付けている

GPSを頼りに探索をするのですが

 

 

メインのGPSのほかに 3つのバックアップ!!

位置情報はアマチュア無線の信号を受け

どこに飛んているかがわかる仕組みになっています

高度や飛行予測 落下予測地点まで分かります!!

 

大きな風船にガスを入れて膨らませて

準備が整ったところで

バルーンの発射

 

 

飛行地点が分かるGPS

 

 

飛行中の成層圏から見た

地球や宇宙の姿を

360度撮影できるカメラやGO PRO

 

みんな手書きで書いたメッセージや

埼玉県志木市のゆるキャラ「カパル君」を載せた気球が

 

 

上空に上がっていきます

 

 

ぐんぐんと空高く上がっていき

あんなに大きかったバルーンも

上空にあがるとあっという間に小さくなり

 

 

そして、山崎大地さんが懇意にされている

ロサンゼルス在住の木村さんから

 

冷えたスイカと

アメリカンサイズの特大ピザの差し入れをいただきました

木村さん 木村さんの奥様

今回多大なるサポートをいただき誠にありがとうございます。

 

バルーンが肉眼では見えなくなり

 

(気球に搭載したGO PROの写真です)

 

カパル君もみんなのメッセージも宇宙に近づいていきます

 

 

 

これから車で打ち上げた気球の探索です

 

 

打ち上げた気球は2時間かけて約30km上空に上がり

 

(カパル君もさらに宇宙に近づいています)

 

さらにさらに

 

 

さらにさらにさらに

 

 

風船が割れて 取り付けたパラシュートで

約30分で地上に降りてきます。

 

その降りてくる気球を回収するために

飛行予測ルートの落下地点へ車で移動

5分毎に地上に送られてくる気球からの映像から

問題なく上空に上がっていく様子を見る事ができます

 

気球から送られてくるデータで

風船が割れ 落下を確認し

GPSを頼りに最終的な落下予測地点へ移動

 

 

落ちたところが運よく農園の中

高い木にも屋根にも引っかからず

自動カメラもGPSもカパル君も

無事に回収できました

 

 

とにかく 大人も興奮するこの体験

とくに 気球を回収する最終場面では

本当に回収できるのか 撮影はできているのか

このスリルとワクワクがたまりません!!

 

(気球に設置したカメラで撮影した写真です)

 

 

お世話になった皆さんに

お別れをして

 

今日はさらに宇宙に近づいた1日になりました

終了後 ホテルに戻る前に

みんなからのリクエストで日本食の夕食を

 

今日もお疲れ様でした!!

 

 

明日はいよいよ 世界最先端の宇宙船開発現場の見学です

 

 

 

 

チャレンジワールドメールマガジン

メルマガ登録はこちら