サイエンス

アメリカスペースキャンプ バイオスフィア2の見学

アメリカスペースキャンプ 4日目

 

今日は火星などの宇宙空間に移住する際

閉鎖された狭い空間で

生態系を維持する事ができるか検証するために

作られた実験施設「バイオスフィア2」に訪問

 

 

朝6時30起床

朝7時15分出発

 

 

すっかりアメリカの時差にも慣れてきた4日目

美味しい朝食をたっぷりといただき

 

 

バイオスフィア2へ移動

ツーソンのホテルからは約1時間30分

 

アリゾナ州ツーソンはとにかく暑い

外気温は38度

 

ちなみに バイオスフィア1は

私たちが生活するこの地球

二つ目の地球が

この「バイオスフィア2」

 

ガラス張りの巨大な建物が迎えてくれます

 

 

ガイドツアーに参加し

 

 

熱帯雨林ゾーンの見学

 

 

サバンナゾーン 砂漠ゾーン

海などの環境を再現した施設を見学

 

 

空気の膨張(日光で温度が高くなったり

夜気温が低くなると)で

バイオスフィア2の気圧の変化を防ぐために

空気圧の調節する施設の見学や

 

 

2年間外界との交流を一切断ち切られ

閉鎖空間に滞在するクルー(8名)の

生活ゾーンの見学も行い

 

 

閉鎖空間で生存する大変さや

難しさを感じました

またこの地球の生態系の循環が

どれだけすごい事なのか

 

 

ちなみに昨日訪問した

ワールドビュー社の社長と副社長は

バイオスフィア2の

8人のクルーの2人

 

 

 

ただ、この実験での

予想外の出来事や問題点

失敗の体験が今後の宇宙空間への移住計画を

立てる時にとても有益な研究材料になるとも

感じました

 

 

初日に訪問したスペースX社は

2022年には火星への有人旅行

を予定しております。

火星ではどんな生活が送れるのか

それまでに、どんなイノベーションが

起きるのか楽しみです!!

 

 

バイオスフィア2の訪問で

参加者がさらに宇宙への興味を掻き立てられる

体験ができました

 

 

昼食は敷地内にある「B2カフェ」で

 

そしてツーソン空港からロサンゼルスへ移動

 

ロサンゼルスでの夕食は

みんなの希望で日本食

カリフォルニアロールが大人気でした

 

 

 

今日からの宿泊は

一昨日まで宿泊していた

シェラトンゲートウエイホテルです

 

明日もとっておきの1日を過ごしましょう

 

 

 

 

 

 

 

チャレンジワールドメールマガジン

メルマガ登録はこちら